大天使たちの組織は再編成されたことについての詳細

大天使組織は再編成されます

知らない天使の名前が並んでいたり、知っている天使の名前がなかったりするかもしれませんが、大天使組織はこのたび神々の命令により、再編成が決定しました。

再編成の理由

おもに、大天使のグループが欠員が出すぎてしまったこと(堕天してしまった天使がほとんどです)や、新しく8次元付近まできた天使のほうがずっと仕事をするという理由で総入れ替えついでに組織の形式も再編成しなおそうということになりました。

これまでの大天使組織

これまでの大天使は、6人編成でパートナーであるつがいの天使がいました。
たとえば、アリエルならば、ジェレミエルグループの天使がつがいの天使です。ほとんどが夫婦やカップル兼ビジネスパートナーです。
なぜなら、この次元までくると、仕事内容がそのまま日常に響くので、別のグループとつるむのがたいへんだからです。
また、8次元以降の天使は非常に数が少ないということもあり、ここで自由恋愛をすることは、天使の仕事にさしさわりが出てくる可能性が十分あるわけです。
うまくいきそうなグループ同士を金星時代にお見合いさせて、うまくいかないところだけ組み直す。
そんな感じで今までやってきたわけです。
しかしこれではうまくいかなくなりました。パートナーが堕天するということは、もう片方も一緒に転落することが多くなりました。
また6人グループのうち1人、2人と天使が減っていくにつれて、とれる選択肢が減っていき、大天使のグループがまるひとつ堕天……この繰り返しです。
残ったグループは、つがいの大天使と仲がよく・12人全員が堕天していないところだけになってしまいました。
そういう理由で、今回は大天使組織の抜本的なシステム改築に至ったわけです。

これからどういうふうになるのか

さて、これからどうなるかについてですが……
大天使組織はまず6人+6人の12人編成を廃止します。アズラエルとエゼキエルは死ぬほど忙しかったし、アリエルとジェレミエルは増えるとかえって動きづらい。
そんな感じなので、必要なところに必要な数だけ増やす感じになりました。
また、パートナーの天使は存在したままですが、その天使は、必ずしもつがいのグループの役職名ではありません。
巷にはツインレイ思想なるものがあるみたいですが、霊界で伴侶になる約束をして生まれる魂はあります。ごく一部ですが。
ただし本当に結婚するのが目的の一部に組み込まれている魂は、大天使や神々の分霊のような、霊界での仕事をする魂だけであると、明言しておこうと思います。

また、大天使のコードネーム、ハンドルネームがついてます。
これは個人名というよりもちいさな役職名のようなものです。これで堕天してしまった天使が自分が大天使だと名乗ることができなくなり、必ず適切な天使が配属されていることになります。
このメリットは、人間が「この天使信用なるのか?」とか「この天使は堕天使か、正しい天使か」と考えなくてよくなります。
間違った指示をたくさん飛ばすのはすべて堕天使かまやかしの霊であると言い切れるわけです。そんなメリットがあります。
キラキラネームをたくさん用意するように、主から言われました。
こぱずっかしいくらいキラキラしたネーミングのほうが、のちのちの時代には、わかりやすくイメージできるからです。
「アレクサンドロス大王とか当時のキラキラネームですよ」とアレクサンドロスをやっていた神もおっしゃっていました。
神々は、中期的・長期的な視点で、今の時代に何をやるべきか考えるみたいですね。

  • 最終更新:2018-02-08 14:03:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード